【編集のおすすめ】当時はキラ×アスで萌えていたものです

D0046063_main
メリークリスマス!でも相手が居ないのでひとりですけど寂しくないもんと狐のぬいぐるみを抱きしめて過ごすうらおとめの編集、おあげです。さてさて、今年も最後のおすすめとなります。今回はガンダムシリーズから「ガンダムSEED」シリーズのヒロイン、ラクス・クラインとミーア・キャンベルの、素敵なコスプレ作品をチョイスしました。なにげにガンダムシリーズに触れるきっかけにもなった作品なんですよね。

あらすじ

CE71年。遺伝子工学の発達により、遺伝子操作により優れた人種として誕生した「コーディネイター」と、操作を忌み嫌い通常通りの出産、成長を行う「ナチュラル」の2つの人種が、対立を深め、泥沼の戦争を続ける時代。コーディネイターの少年キラは中立コロニーでナチュラルに属する友達と平和な日常を送っていたのですが、そこにコーディネイターの軍が襲撃。戦火に怯え逃げ惑う中、キラは「ガンダム」に出逢い、そこで、幼い日に分かれたコーディネイターの親友アスランと出逢い、劇的な運命へと身を投じる事になるのです。

おすすめポイント

D0046063_1D0046063_2D0046063_3
作品としての見所はやっぱり、コーディネイターなのに、敵であるはずのナチュラル側に立って戦うキラくんを取り巻く人間関係であり、彼自身の心の弱さと成長にありますよね。特に、かつて親友であったはずのアスランは、ちゃんとコーディネイターの戦士として敵側に居ます。キラくんも本当はコーディネイターなのに。でも、ナチュラルなんて関係なく、今の友達も守りたい。どちらにも近付けないコウモリのように葛藤を繰り返しもがく姿と、同じように、敵であるナチュラルは倒したいけど親友のキラとは戦いたくないアスランの葛藤がもどかしくもあり、なんかこう、心をもやもやさせてくれる作品だったんですよ。本当に。この時期のガンダム作品って美少年キャラにもすっごく力を入れていて、つまりそういう方面にもアプローチを掛けていたのでこれは制作側の陰謀が悪いんです、制作側の陰謀が。と、それぞれのキャラクターに魅力がいっぱいなガンダム作品なのですが、そんなキラとアスランを繋いだのが、今回のコスにも出て来るラクス・クラインなんですよね。ピンク髪の美少女だし、ちょっと天然さんなところも可愛げがあって当時すっごい人気だったんですよ。続編が出て、詳しくは省きますがラクスのそっくりさんとしてミーアちゃんが誕生します。そして、この子は可愛いというよりものすっごくエッチ!ラクスよりも行動的で明るいというのもそうですが、その豊満な身体から溢れ出るエロスオーラが今でもファンを虜にしていますよね。そんな彼女達のコスを、今回はご紹介したいのです。

おすすめ作品

そのクオリティは超美麗といってもいいでしょう。実際ものすっごく綺麗で見惚れちゃうのが、GFProjectさんのお届けする「Quiet Kiss」です。ラクスとミーア、ふたりの演じ訳も見事で、大人しく清楚な印象の残るラクスに、お尻や胸元など、大胆な露出に目が奪われちゃうミーアの姿と、彼女の綺麗さもあってファンでなくとも興奮しちゃう作品にしあがっています。まあ私としては、ストーリーはともかくとして挑発的なミーアちゃんの露出っぷりは大好物なので、水着姿の腹筋や谷間などに注目して貰いたいですね。今年最後のおすすめ作品。ぜひ、ご覧になってみてくださいね。
D0046063_4D0046063_5D0046063_6

 

タイトル:Quiet Kiss
サークル:GFProject
価格:1080円
収録:画像300枚

DLGetchu
2016年12月25日 20時30分
カテゴリ: コスプレ
©2014 うらおとめ(UraOtome)All Rights Reserved.