【女性視点レビュー】18禁アニメ史上、最も過酷な調教♡

pp20161222_i 漆黒のボンテージ衣装を身に纏えば始まるのは、性奴隷としての日々。それは不幸な日々なのか、はたまた幸せな日々なのか…。とあるお屋敷に『仕入れ』られたひとりの女性・憂(ゆう)。記憶を無くし、「憂」と名乗る事以外何もわからない彼女は主人である蓮慈にされるがままに性奴隷としての日々を送る事になります。そんな本作『ボンデージ・ゲーム ~深窓の隷嬢達~ game.1 YUU~憂 肛虐のメス奴隷~』は憂を通じてお屋敷の性奴隷達の生き様や過激に過激を重ねた調教風景を楽しむ事ができる一作です。特に、ハードSM好きなら堪らない”想像を絶する過激調教”はたぎってくるものがありますね〜♪

ハード好きならグッとくる♪18禁アニメ史上最も過酷な調教

pp20161222_2 刺激が快感に変われば更なる刺激を求めてしまうのが人間という生き物ですが、本作『ボンデージ・ゲーム ~深窓の隷嬢達~ game.1 YUU~憂 肛虐のメス奴隷~』では刺激の極みと言うべき凄まじい調教を目撃する事ができます♪巨大な財力を持つ財閥の若き当主・蓮慈はその財力で性奴隷を手に入れ、山奥に建てた専用の屋敷での調教を趣味としていました。そんな彼の元に送られてきた一つの箱。箱の中からは黒いボンテージで拘束され恐怖に怯える女性・憂が出てきます。憂は闇オークションで買われた性奴隷。蓮慈は友人と調教した奴隷を見せあうゲームを行う事になり、憂を購入したのでした。 pp20161222_3 憂はその日から性奴隷としてご主人様に仕える一方で、お屋敷の先輩性奴隷達の様々な痴態を目撃する事になります。憂が初めて目撃した調教は、眼鏡メイドへの蝋燭調教。大きく脚を広げて丸見えになったお尻の穴に注がれるのはドロドロに溶けた赤い蝋…。メイドが必死に許しを乞う声も虚しく、熱く溶けたそれはドロドロとメイドのお尻の穴に注がれてゆきます。苦悶に歪む顔、「いやあ!いやあ!!」と暗い室内に響き渡る悲痛な声…。そして更に浣腸液が注がれメイドが限界を迎えた頃、すっかり固まった蝋の塊を引き抜けば勢い良く汚物が放出されるのでした…!   まるで噴水のように室内に飛び散る汚物…しかし汚物を放出しながら顔を赤らめ「ありがとうございます、ご主人様」と恍惚の表情になるメイドの姿に、憂は不思議な感情を覚えたようでした。「これが人間のする事なのか」という純粋な驚きと、自分の中に燻る不思議な興奮。そしてここから、憂はご主人様へのご奉仕や他の性奴隷の調教風景を見ながら立派な肉奴隷へと堕ちてゆくのです… pp20161222_4 pp20161222_5 本作『ボンデージ・ゲーム ~深窓の隷嬢達~ game.1 YUU~憂 肛虐のメス奴隷~』の見どころはやはりハードを極めた調教風景ですが、18禁史上最も過激と言われるだけの調教ラインナップは特に圧巻♡恥ずかしい場所が丸見えのHなボンテージでの拘束に浣腸・張り手は当たり前♪乳首ピアスや乳首肥大・クリトリス肥大などの肉体改造シーンも用意されており、肉体改造調教は『元・深窓の令嬢』というプライドの高い女性に施される点が特にいいですね。プライドの高い女性が「わたくしの大事なトコロが…!」と悲痛に暮れながらも肥大したクリトリスを愛撫されて感じるシーンは特にグッときました!後半では流血やリョナ要素もあり「18禁アニメ史上、最も過酷」の謳い文句に納得する印象の一作です。 pp20161222_6 そんな『ボンデージ・ゲーム ~深窓の隷嬢達~ game.1 YUU~憂 肛虐のメス奴隷~』、気になったらまずは作品ページをチェックしてみてくださいね♪ちなみに本作は月額課金すればHなアニメが見放題の『ピンクパイナップル月額見放題』でも楽しむ事ができますよ! pp20161222_1 (C)2003 アイル/ピンクパイナップル ボンデージ・ゲーム ~深窓の隷嬢達~ game.1 YUU~憂 肛虐のメス奴隷~

2016年12月22日 18時23分
カテゴリ: ニュース
©2014 うらおとめ(UraOtome)All Rights Reserved.